水道水がおいしくない原因

なぜ水道水が美味しくないのか!その原因を説明します

塩素臭とカビ臭さの原因は何?

日本の水道水の大半が塩素によって消毒されています。塩素を投入する量が多いという事は、水源の水質が悪いという事になります。

塩素の量が多いと、塩素臭が強いまずい水になってしまっています。

特に都市圏は身近な水源を利用しているため、どうしても水質の悪い水源を使わざろう得ません。塩素臭は俗に言うカルキ臭のため、アンモニアなどの有機物質を消毒するのに使われています。

この塩素が天然水に含まれているアンモニアと結合することにより、結合塩素が生まれ、プールでよく嗅いだカルキ臭い水に変化しています。塩素を投入する量は、水源が綺麗であればあるほど少なくなります。

アンモニアの約10倍の塩素を投入するので、綺麗な水源であればあまり使用されません。実際水源が綺麗な長野県の軽井沢の水道水は、全くカルキ臭がしないおいしい水です。

別の原因として挙げられるのがカビ臭さです。これは水源にリンや窒素成分があることによって水質が悪化した地域で感じられます。これにより藻類から分泌される成分によって影響されます。

もう一つ要因とされるのが、トリハロメタンという物質です。これは自然界の水源にはほとんど存在しませんが、工場廃液などから殺菌用に投入された塩素が水源の有機物と反応して作られます。

水源が綺麗な地域ならば問題ありませんが、都市部の水道水はおいしくありません。近年ミネラルウォーターが流行し、若い世代を中心に水道水を飲まない人が増えてきています。また家庭用のウォーターサーバーを導入するなど、天然水を取り巻く環境は大きく変化しています。

これまで日本は「水道水は安全」という認識がありました。しかし前記した問題や原発の放射能物質の混入など、安全と言えなくなってきています。また問題が発生した際に正確な制限区域の情報の公開が遅く、またその情報に誤りがあって、多くの方が放射能入りの水道水を飲んでしまいました。(区域外とされていた東京多摩地区にも人為的なミズにより放射能入りの水道水が提供されていたと後日東京都から発表があり陳謝した)微量とは言え、小さなお子さんを抱えるご家庭は心配です。

環境汚染が進む中、安全な天然水、健康を考えた天然水を考えると、そろそろ日本もミネラルウォーターに切り替える時代が来ていると思います。またミネラル成分が豊富な天然水ですから、むしろ変える方が健康的なおいしい天然水が飲めます。