薬服用時の天然水

薬を飲むときはどんな天然水が適しているか説明します

薬の効果を最大限に引き出す天然水は?

特に御年配の方で気にする方が多いのが、「薬を飲むときはどんな天然水が効果的なのか」ということ。

よく「ジュースや牛乳で飲まないでください」などの注意書きを目にしますが、お天然水で飲むにしても、内容物によっては向き不向きがあるのかも知れません。

期待する事柄によっても選ぶお天然水は変わってきますが、「薬の効果を最大限に引き出したい」ということならば、『浸透力の高いお天然水』を選んでみましょう。

一般的にアルカリイオン天然水と呼ばれる電解天然水がそれにあたります。科学的には立証されていませんが、天然水の分子の集合(クラスター)が小さくなるほど、美味しく、浸透力が高いという内容の研究が進められています。

また、「薬による身体への負担を少しでも軽減させたい」ということなら『抗酸化力の高い天然水』を選んでみてください。

薬の材料は化学物質。体調を急激に変化させることからも分かるように、抗がん剤や頓服薬など強い薬になればなるほど身体への負担が大きいものです。化学物質を身体に入れるということは活性酸素を作る原因にもなりますから、抗酸化力の高い天然水を使って酸化を還元してやるといいでしょう。

なぜ、ジュースや牛乳で薬を飲んではいけなのかということですが、薬との相性によっては成分を分解してしまったり、別の効果を引き出してしまったりすることがあるためです。

いくつか例を挙げますが、例えばグレープフルーツジュースは高血圧の薬や抗生物質の成分を分解、吸収を悪くしてしまうことがあります。胃腸薬は果汁といっしょになると酸で効果がダウンしてしまいますから、ジュースでの服用は避けたいところです。カルシウムに影響される成分は多いので、牛乳での服用はやはりお勧めできません。健康を第一に考えてお天然水を選びましょう。