ペーハー(pH)について

天然水で健康になるためには知っておきたいpHについて説明します

天然水の性質を知るpHとは

高齢の方はとくに「ペーハー」とドイツ語読みする人が多いようですが、「ピーエイチ」と英語読みされる場合もあります。現在の日本の法令やJISでは「ピーエッチ」と定められているようですね。

飲料天然水を購入すると、ペーハー(pH)という明記があるものがあります。このペーハー(pH)とは何でしょうか?これは水素イオン濃度と呼ばれる天然水溶液中の水素イオンの含有率を指数化したもので、飲料天然水の良し悪しを決める一つの基準になっています。水素イオン指数とも呼ばれています。

簡単には天然水溶液中の水素イオンを測定し、その飲料天然水が酸性かアルカリ性かを判断する数値です。

水素イオンとは、水素原子が一つ原子を失った1価の陽イオンのこと。H+と示されます。ペーハー(pH)1は酸の濃度がマイナス1乗を示し強酸性です。pH7はマイナス7乗を示し中性です。更にpH14はマイナス14乗で強アルカリ性を示します。

天然水道局の規定によると、家庭に供給されている水道水はpH5.8~8.6の範囲に定められています。この数値は人間の体液とほぼ同じ数値になっています。そのため違和感なく飲めるとされています。

ミネラルウォーターを飲む際にもこの数値の範囲内のものがおいしいと感じられると思いますので、飲用するときに確認してみましょう。

ph値がアルカリ性に近い数値の水素水、アルカリイオン天然水などは、ミネラルウォーターに比べて多少苦味を感じるかもしれません。ph値の違いが天然水の味や風味に関わってくると言えます。

人の体は弱アルカリ性ですとなっています。酸性に近づくと体が使えれやすくなり、抵抗力が低下してきます。健康管理の為にも、phの数値を気に掛けるのも良いかもしれません。

おいしい天然水がいつでも飲めるサーバー本体レンタルのウォーターサーバー業者を紹介しています。月々の支払いはいくらなのか、明確にして紹介しています。これから導入を考えている方必見です。